日本版 LoTW では意味が無い.

JARLで日本版LoTWを作ろうという声があります.私は日本版LoTWを作るのは間違いだと思っています.

その理由は,

  1. 国ごとにLoTWが乱立したらCFM作業が煩雑になり,紙のQSLの方が便利になる.
  2. ログファイルのフォーマットの標準化と国際化(多言語化)を行い世界中のアマチュアが使えるものにして,各国の連盟が協力して1つのLoTWを維持管理して行く方がシステムの将来性もあり,コストも抑えられる.

からです.

ログファイルのフォーマットをXML化し,文字符号化方式を記述できるようにすれば多言語でも使えます.そうするとログソフトのインターフェイスも多言語化しやすい.

コンテストのログを処理するシステムとしてもLoTWをコンテスト主催者に有償で提供したらいいと思います.

QSLの合理化は世界規模でやらないと意味が無いです.

初稿:2012-06-22T11:16:00.000+01:00
最終更新:2012-06-22T11:16:05.328+01:00

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です