アラブ音楽に興味を持って楽器を習いたいと思っている人へ

先日,ダラブッカを習っていると言うベリー・ダンスの先生と飲んでいたら,あまりにも音楽のことをわかっていないので,習うのならちゃんとしたやつに習え(日本にいるかどうかは知らんけど)という話をした.

私はアラブ音楽に興味を持って楽器を習いたいと思っている人に声を大にして言いたい.

先生を選ぶ時は,

  1. その音楽が演奏されている地域で使われている言葉が使える(学んでいる)人であること.
    使用されている言語から開放された音楽は存在しません(少なくとも今のところ見つかっていない).例えばエジプトの音楽が学びたければアラビア語のフスハー(標準語)とエジプト方言の両方が必要です.
  2. アラブ音楽の基本となる理論を教えてくれる人であること.
    サフィー・アッディーンの『旋法の書』『シャラフィーヤの書』,ファーラービーの『大音楽書(音楽大全)』などの基本となる書を,少なくとも,「一緒に学びましょう.」と言ってくれる人の下で学ぶ.(日本におけるアラブ音楽の歴史を考えると,「教えることが出来る.」と言い切れる日本人はいないはずです.)

これは大前提だと思います.これが無理な人に習うと時間の無駄です.

音楽は国境を越えるとか軽々しく曰っている人を信じてはダメです.そんなことは絶対にあり得ません.そんな簡単なものなら,外国人の能楽師とか山ほど居る.もっと認識について真剣に考えないとあきません.

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です