能×現代演劇:「安達原」×林慎一郎「紡ぎ歌」

山本能楽堂から届いたDMに面白い企画だなと思ったものがあったので,紹介します.

能の家に生まれていない若手の能楽師を中心としたメンバーが,現代演劇の若手と実験的な舞台を作って行くという試みなのかな?

能×現代演劇 work#01

「安達原」の前半を新作の現代演劇で上演し,後半は能で演(や)るという舞台です.

日:2016年7月18日(祝・月)
開場:13:30
開演:14:00
入場料:前売3,000円,当日4,000円

現代演劇「紡ぎ歌:鬼こもれりと聞くはまことか」

作・演出:林慎一郎極東退屈道場
出演:石川郁子,後藤七重中道裕子向田倫子ババロワーズ),峯素子遊気舎

半能「安達原」

シテ(鬼女):林本大
ワキ(山伏):原大
ワキツレ(供山伏):原陸
アイ(能力):善竹忠亮

笛:齋藤敦
小鼓:荒木建作
大鼓:守家由訓
太鼓:上田慎也

チケットの取扱いとお問合せ

山本能楽堂
http://www.noh-theater.com/nfblog/?p=262


安達ヶ原の鬼婆伝説を基にした芸能作品には,能の「安達原」「黒塚」,文楽の「奥州安達原」,歌舞伎の「奥州安達原」「黒塚」,オペラの「安達ケ原の鬼女」,手塚治虫の「安達が原」などがあります.

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です