RP69

RP69 というプリフィックスの局と交信した時に日本語で,「ありがとう!」を連発された.親日のロシアの局は結構いるし,DXer で相手局の母国語で挨拶をする局は多いので特に気にしていなかったのですが,あとで局の情報を知ってビックリ.

第二次世界大戦でソ連が勝利した69周年の記念局.RP の P はロシア語で勝利を表す Pobeda の P.記念アワードも発行するそうです.私はこういう記念局を無線の世界に持ち込むの嫌いなんだよなー.

「ありがとう!」と言われたら「島返せ!」と言わなあきませんな.

追記:ドイツ軍代表が1945年5月8日にフランスのランスで降伏文書に調印.5月9日に首都ベルリンで批准手続きとなる降伏文書に調印.その時点でまだ日本は降伏していなかった.したがってソ連がドイツに勝ったことを記念する記念局であるとのこと.(だとしても,私はこういう記念局を無線の世界に持ち込むのは反対である.)

 

EUROPEAN RUSSIA, UA. A number of stations will use the RP69 prefix
to commemorate the 69th anniversary of the end of World War II and
Soviet Russia’s victory. QSL via operators’ instructions.

See ARRL DX Bulletin ARLD018 (2014)

UA – A very large number of Russian stations using special prefix RP69 (where the letter P stands for ‘pobeda’, i.e. ‘victory’) will be on 3-9 May to celebrate the 69th anniversary of the end of World War II. Further information, including the list of participating stations and their QSL routes, at http://pobeda.srr.ru/

See 425 DX Bulletin 1199

See Ministry of Foreign Affairs of Japan: Northern Territories
See 外務省:北方領土

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です