電鍵の木製台座の手入れ

GHDキー(http://www.ghdkey.com/)が発売している木製台座の電鍵は,独特のフィーリングで人気が高い.最高級品は黒檀(エボニー)を使用したGT599Aでカタログ品である.黒檀を使用した電鍵は高くてなかなか手が出ないが,黒檀以外の木を使用した廉価モデルが,関西ハムフェスティバルやハムフェアなどのイベント会場で限定販売される事がある.

私の持っているものはウエンジュ(Wenge)を使ったもので,関西ハムフェスティバル2012の会場で限定販売されたモデルである.

木製台座の電鍵はメンテナンスをしないと必ず反りが出る.乾燥し過ぎると割れも出る.性質上,若干の反りは必ず出るのだが,それは裏面のクッションで調整すれば問題ない.

メンテナンスはオイルを使った保湿である.ぬか袋を使って磨くのもいいのだが,細かい個所が磨けないので,私は楽器の指板用のオイルを使用している.

指板用のオイルはシリコンなどの混ぜ物がしてあるものがあるが,あれは木材を変色させたりする事があるので,ナチュラルなものがいい.おすすめは楽器業界のリペアマンに定評がある Roche-Thomas の Premium Fingerboard Oil である.中ぶたを外して綿棒をどぶ漬け出来るようにして使えばよい.

私はこのオイルを月に1回塗るようにしている.

Roche-Thomas Premium Fingerboard Oil 2oz. 中ぶたはペンチのようなもので引っこ抜く.

Roche-Thomas Premium Fingerboard Oil 2oz.

メンテナンス道具(電鍵,オイル,綿棒,ティッシュペーパー)

メンテナンス道具(電鍵,オイル,綿棒,ティッシュペーパー)

多めについたオイルはティッシュペーパーでふき取る.

多めについたオイルはティッシュペーパーでふき取る.

出来上がり(その1)

出来上がり(その1)

出来上がり(その2)

出来上がり(その2)

初稿:2013-02-22T20:48:00.000Z
最終更新:2013-02-22T20:58:02.884Z

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です