屋外PLCのパブコメ − JARLの存在理由と存在価値

広帯域電力線搬送通信設備(PLC)の屋外利用を行うための,電波法施行規則等の一部を改正する省令案等についての意見募集(パブコメ)が始っている.

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban16_02000041.html

毎度の事ながら,PLC・包括免許・バンドプラン等,総務省の動向についていつもいち早く情報を提供してくれるのは,パージされた象さんグループを応援した人達ばかりだ.今回もそうだった.JARLはいったい何をしているのだ.本省の動向をいち早くキャッチしたり,ロビー活動をするのはJARLの仕事じゃないのか.屋外PLC,いったいどう戦うのだ.

国は本気で屋外PLCを実現しようとしている. 実現してしまったらHFのアマチュア無線は終了と同じ.これはDXが好きな人間だけの問題ではない.日本のアマチュア無線界にとっての一大事.

未だ屋外PLCのパブコメについて知らないJARLの社員も一杯いる.上からの指示も情報提供もまともにないので,パージした象さんグループを応援した人達にパブコメについて教えてもらっている社員もいる.JARLはパブコメが募集されたと言う事実だけをウェブサイトとメルマガでアナウンスしただけだ.他人事なのか?組織としてどう戦うんや?会長は指示を出さんかい!なめとんのか!

情けなさすぎる.

初稿:2013-02-20T19:33:00.001Z
最終更新:2013-02-21T10:28:45.256Z

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です