M型コネクタのハンダ付け

ARRLのQST誌 2012年11月号で,有名なコンテスト局であるK3LRで行われているM型コネクタの同軸ケーブルへの取り付け方法を,WC3O Robert Bastoneが紹介した.(A Different Way to Assemble PL-259 Coax Plugs; This is the way Tim Duffy, K3LR, puts together coax plugs for him mega contest station.)

K3LRのウェブサイトで紹介されている“K3LR method of installing a PL259 coax connector(http://www.k3lr.com/engineering/pl259/)”を詳細にかつ手順写真を鮮明なものに撮り直して解説した記事である.

QST誌は発行後1〜2年でバックナンバーを無償公開しているようなので,ARRL非会員の方もそのうち参照出来るようになると思う.

M型コネクタの同軸への取り付けを確実に行うのは,実はN型コネクタよりも面倒臭く難しい.同軸の網線を確実に素早く容易にM型コネクタにハンダ付け出来る方法はK3LR式が一番好いと思う.

Contest Universityで行われたK3LR式のプレゼンテーション

初稿:2013-02-11T18:02:00.001Z
最終更新:2013-02-11T18:02:42.172Z

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です