EP6T 40m CW

40C の EP6T,今晩はノイズレベルが低いのでビームが EU を向いている状態でもかなり強く聴こえています.JA にビームが向いていつものように 9+20dB 以上で聴こえ始めると,凄いパイルになりそうです.

運用から数日経ち,EP6T が運用しているキーシュ島はリゾート地であるため,現地のノイズレベルが高いという話を見聞きするようになりました.それが原因でなかなか交信が出来ないということ.

40m で EP6T が使用しているアンテナは 4sq,出力は 1kW です.私が受信に使っているアンテナは,ベランダに設置したミニマルチの APA-4DX です.所謂ゲインの無い 0dB アンテナです.

4sq の利得が 6dB あったとして実効放射電力は 3.98kW.9+20dB で聴こえていますから,20dB 分割り引きますと100分の1で,39.8W の実効放射電力があれば S9 で届くという計算です.仮に現地のノイズレベルが S9 振っていたとしても,50W も実効放射電力があれば届くはずです.

と,いうわけで,皆さん,がんばって下さい.

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です