JARL理事選

JARL の理事選が行われるそうです.理事になりたいという気持ちはわかるのですが,何がしたいのかはさっぱりわからない候補者が多くてあきれます.

現在理事で再選を狙う人は,

  1. 前回の所信と公約.
  2. 任期中に実現できた事,出来なかった事.
  3. 今回の所信と公約.

最低限,これらを提示するのは筋でしょう.それをせずに票だけ入れてくれと言うのはおかしくありませんか?

初めて立候補する方は,

  1. 所信と公約.

最低限,これを提示するのは筋でしょう.それをせずに票だけ入れてくれと言うのはおかしくありませんか?

新組織になって,総会は社員だけで行われるわけです.ということはエリアに関係なく,信じて託せる人を選ばないと会員の声が届かないわけです.ましてや理事選です.自分とは考えが180度違う人に同じエリアの人だからといって投票できるわけがない.全ての候補者はきちんと最低限の説明はしましょう.大人なんですから.

2〜3日前からネット上で噂をきくのが,JARL.COM のメールアドレスへの投票依頼メールが知らない人から届くという話.無作為に送信しているのか,または JARL 内部からメールアドレスが特定の候補者の関係者に流れているのかわかりませんが,これもおかしな話です.無作為に送っていれば不要なトラフィックを増やし,インターネットの公共の福祉に反する行為です.メールアドレスのリストが流出しているとすれば,コンプライアンス上問題です.何れにしても行うべき行為ではありません.
インターネットのEメールが使える会員は JARL のウェブサイトが閲覧できる人と考える方が自然です.JARL のサイトに選挙公報のページを作り,そこに全候補者の広報を掲載し,JARL から会員に知らせるべきです.

とまれ,名誉欲でただ理事になりたいような人は全員落とさないと未来はないわけです.判断する材料を提示して下さい.

初稿:2012-03-21T19:04:00.000Z
最終更新:2012-03-21T19:04:26.115Z

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です