JARL 社員総会感想

社員総会のネット中継はボランティアで手伝える会員が1エリアにはいくらでもいるでしょう.出来ることは手伝いましょうよ.何でもかんでも全部JARLの職員にさせるのなら,新たに必要な金は出しましょうよ(=会費を上げる).

もっと言うと,ウェブ会議で社員総会をしたらええんとちゃうの.その方が社員総会にかかっているコストが今よりも安く済むでしょうし,その分,社員総会を何日かに別けて開催して十分な審議も出来るようになりませんか?

準備書面はきちんと出す.自分が選出された地域の会員の意見はきちんと集める.報告もきちんとする.分科会を作って,常日ごろからそれぞれの社員が得意な分野で奉仕する.それくらいのことはしましょうよ.

ビューローにしても,ワールド・スタンダードの奉仕によるビューローではなく,JAは金で解決するビューローを選択しているということを,前提として全会員がわからないとアカンとちゃいますの.これからも金で解決をするのなら,新たに必要な金は出しましょうよ(=会費を上げる).

何れにしても,一人一人の社員や理事が人のために奉仕をしようと考えて立候補していることは尊いことだと思いますが,JARLが置かれている状況というのは,ある程度の規模の組織のマネージメントに関わった方(関わっている方)でないと,どうしようもない状況なんです.いくらよい人でも,使われていた人や使われている人や中小零細企業の社長では無理なんです.いい加減,気がつかないとあきません.IARU,ARRL,DARCなどの世界の仲間の取組みとJARLの取組みを比較分析して,自分たちの現状を把握した方がいいです.

ホント,精神的にも金銭的にも貧乏臭い趣味に成り下がりました.カッコ悪い趣味に憧れる子どもがいるわけがない.

おまけ:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です