KANHAMコンテスト中止の件

私はこの件に関しては大きく3つ残念に思っている事があります.

  1. 経緯の説明がまったくなされていない一方の当事者の1人であるJR3QHQ局のブログの記事を読んだだけで,一方的に山梨支部批判が続出したこと.

http://blog.goo.ne.jp/jr3qhq/e/e6afa67f74ab352a847fc4b21d774151
第3回KANHAMコンテスト中止 2012年05月07日 17時18分24秒
先日このブログで告知しました6月10日開催の「第3回KANHAMコンテスト」ですが中止する事になりました。
みなさん、申し訳ありません。

ただし、QSOパーティーは、開催いたします。

理由は、この日同時に開催される山梨コンテストのコンテスト事務局から「KANHAMコンテストと同時開催になると完全に関ハムコンテストに飲み込まれる形になり、山梨コンテストはコンテストとして成り 立ちません。」とコンテスト中止の要請を受けたためです。

関ハムでは、6月10日に同時開催される各支部の支部長宛に案内を出しご意見を頂きましたが、多くの支部長からは、問題ないお互い盛り上がりましょうとご返事頂きまたが、山梨県支部からは、上記の理由で中止要請が来ました。

メールや電話などで意見交換をしましたが全くご理解を得ることが出来ませんでした。
その後、連絡の無かった岐阜県支部からも同じように中止要請もきましたが、この時点ですでにKANHAMコンテスト中止を決定しておりましたので返事が来るのが、遅かったようです。なぜ、遅くなったか理由は、わかりません。

関ハムホームページにも中止告知を理由を示して出す予定です。(ただし、ホームページには、正式に告知は出ていませんが・・・)

みなさんにご迷惑をおかけしました。
申し訳ありあせん。

  1. JR3QHQ局がTwitterで交渉にかかわっていたJN1ILK局の人格を否定する発言をした事.

https://twitter.com/#!/JR3QHQ/status/199844436220461056
あー私の心が狭いのか・・・。ある方のメールを読んで落ち着いた気持ちが、また高ぶってきた・・・。なんであんな文章を書くのでしょう。人を見下した文章。私も書かれたが・・・。その昔、午前6時に関東総通に臨時検査に入られたのが良くわかる。その当時、みんな私の様な気持ちだったのだろう。(2012年5月8日 – 21:53)

https://twitter.com/#!/JR3QHQ/status/199844854182850561
こんな人が、支部の役員をしている、私だったら即止めていただく。どうも、支部長も彼の行動を阻止できないようだ。(2012年5月8日 – 21:55)

  1. コンテストを中止にする事を残念に思う人が多い割りには,まだ1ヶ月もあるのに,もう一度,前向きに相談しようという応援の声をあげる人がいないこと.

補足すると,山梨支部関係者の話を聞いた人はあきらかに齟齬があると言ってます.

私はもともと両コンテストには興味はありません.(両コンテストには関係なく延期された同日開催予定だった,World Wide Iron Ham Contestしか眼中に無かった.)ですが,QHQさんがTwitterとブログで中止を知らせた以降の,周囲の公平性を欠く一方的な山梨支部への攻撃の多さに正直嫌気がさしてます.そういう思考は危ないと思います.

理想と現実は違うのはわかっているけど,私はアマチュア無線にユートピアを求めたい.Amateur Radio: One World, One Language,世界中に友達がいたらきっと戦争なんて起らない.多元性を認めない趣味なんて実につまらないと私は思います.

コンテストの中止を残念だと思われている方々が応援の声を上げて,オープンに前向きな議論をされることを切に願ってやみません.

初稿:2012-05-09T18:11:00.001+01:00
最終更新:2012-05-09T18:11:51.645+01:00

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です